ミノタブの服用を完全にやめたら現実は甘くなかった話

ミノタブを長く服用していると、ふと思う時が来ます。

「ミノタブを止めたらどうなるんだろう??」

  1. ミノタブで発毛した髪を変わらず維持できる
  2. 髪は抜けるが、ミノタブで発毛した分をわずかだが維持できる
  3. ミノタブで発毛した分は全部抜ける

結論は、3番の「ミノタブで発毛した髪は全部抜ける」です。

その結果に対して僕が取ったいくつかの手段の検証結果をご紹介しましょう。今、あなたがミノタブを服用して効果が出ているのなら、近い将来、ミノタブをやめようか、どうしようか迷う時が来るかもしれません。

そんな時の、判断材料の一つとして参考にして頂けると、ほんの少しですが不安も和らぐかと思います。

ではいってみましょう!

ミノタブを止めるとどうなるのか【徐々に抜けていく】

まず、ミノタブを止めると、個人差はありますが止めて数週間から3ヶ月ぐらいの間に、髪が徐々に抜けていきます。これまでシャンプー時に手のひらに、それほど見られなかった抜け毛が、少しずつ目立つようになっていきます。

「あれ、おかしいな。ちょっと抜け毛が増えてきたかな?」

始めは季節的に抜ける時期なのかとか、前の晩に仕事で無理をし過ぎたかとか、睡眠不足だからだとか、エロ動画で抜きすぎたからだとか、色々な理由を探します。

しかし、それが収まらず毎日継続して抜け続けると、ようやくミノタブを止めたことで「薬の効力が切れた」と認識します。初期脱毛のように、決して一気に抜けるなんてことはありませんが、少しずつ確実に抜けていきます。

フィナステリドで抜け毛を食い止められないのか

僕はミノタブを服用してちょうど1年ほどで止めました。止めた理由は、服用初期のような勢いある発毛はすでに感じられなくなっていたので、このまま服用してもいいとこ現状維持だと思い、いったん止めてみることにしました。

僕の場合は、ミノタブの服用時の1年経つころには、少しずつ抜け毛が発生していました。ミノタブを止めてから、僕はフィナステリドを主成分とするフィンペシアを約6ヶ月、その後に、同じフィナステリドを主成分とするフィナロイドを4ヶ月ほど服用しました。

男性ホルモンに働きかけて、抜け毛を防止する役割を持つフィナステリドなら、抜け毛の発生を食い止めることができると考えたのです。

フィナステリドでも抜け毛は止まらず【僕の場合】

しかし、フィンペシア、フィナロイドと合わせて10ヶ月以上服用しても、ミノタブで発毛した髪を徐々に維持できなくなっていました。ちなみに、フィンペシアもフィナロイドもどちらも、初期脱毛は起きませんでした。

ただ、何も起きなかったのです。

これがその時のビフォーアフターです。

ビフォー(ミノタブで髪が生えたとき1回目)

頭頂部はまだまだですが、前頭部は少し筋が入っているところ以外、地肌は見えていません。特に生え際においては、かなりしっかりと生えています。ミノタブをしようして1年ぐらいはこの状態をキープできていたのですが・・・

アフター(ミノタブを止めて約10ヵ月後)

明らかに髪がスカスカになっています。完全に1回目のミノタブの貯金を使い果たしてしまった感じです。あのしっかり生えていた生え際さえも、地肌が見えています。ただ、2~3ヶ月とかで一気に抜けるのではなかったので、まだ恐怖を受け止める心の準備はできていたかなと思います。

ミノタブをやめれば見事に元に戻りました

ご覧のとおりです。

ただし、ミノタブを止めると、全員がこの状態になるとは断言できません。なぜなら、僕の場合、フィナステリドが全く作用しない体質だったからです。それは、薄毛治療を始めた最初の頃、AGAスキンクリニックでミノタブとフィナステリド(プロペシア)を処方された時から、感じるところはありました。

フィナステリドが効いていれば、より爆発的に髪は増えていたんじゃないかと。

フィナステリドが効く体質の人であればキープできるかも

僕はフィナステリドで、ミノタブで生えた髪をキープすることはできませんでしたが、フィナステリドがガンガンに効く人であれば、抜け毛を防ぐことができるかもしれません。

それは、人によりけりとしか言えませんので、あなたがフィナステリドが合う体質かどうか試してみるほかありません。しかし、もし、僕のようにフィナステリドが効かずに抜けてしまっても「ジエンド」ではありません。

再びミノタブを開始して薄毛が改善した

ミノタブを止めて失った髪は、再びミノタブを服用して取り戻すことができます。

ただし、初期脱毛は同じように起こるので、それは恐怖でしかありません。さらに、1回目の初期脱毛よりも期間が長かったので、地獄でしたが・・・

そういった恐怖はありますが、おそらくミノタブを止めても、再開すれば何度でも生えてくると思います。それが分かっただけでも多大なる安心を得られます。

やむを得ずミノタブを再度服用できない場合

では、体調不良や副作用でやむを得ず、ミノタブを再び服用することができずに、ミノタブで増やした髪が全部失われてしまったのなら、どうすればよいのでしょうか。

僕がこのような立場になれば、実はどうするかはもう決めています。

自毛植毛です。

自毛植毛なら、元気な髪を移植して終わりで、後のケアもいらないし、副作用のある薬を飲む必要もありません。特に年々植毛技術は上がっているので信頼できるAGAクリニックさえ選ぶことができれば、薄毛について、今後悩むことすらないと思っています。

じゃあ、なぜ僕は未だ自毛植毛を行っていないのかというと、それをするだけの経済的な余裕がないからです。だから今それを実施できるようにお金を貯めています。

ちなみに僕が行くと決めているところはココです。それが僕の薄毛改善のゴールになるかと思います。お金がある人が羨ましいです。本当に。


Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です