ミノタブで生えた髪をフィナステリドで維持できるのか試した結果を報告しました

ミノタブで一気に発毛させてから、それをプロペシアで維持することは、AGAの世界では比較的オーソドックスな手法と言えます。

おそらく、平成31年3月のこの記事を書いている段階では、AGA治療にとっての「最強の組み合わせ」と言っても過言ではありません。

ただ、ミノタブとフィナステリドを併用した方すべてに効果がある訳ではありません。

 

この記事では、

 

  • 本当に「ミノタブ」と「フィナステリド」の組み合わせは最強(最も発毛率/維持率が高い)なのか?
  • ミノタブで生えた髪をフィナステリドで維持できるのか
  • 最強ゆえに副作用の心配についてはどうなのか?
  • ミノタブとフィナステリドの最強が通用しない場合どうすればよいのか?

この点について僕の見解をまとめました。

特に3点目は他のサイトでは一切語られていない興味深いメソッドなので、たまたまこのサイトに迷われた方はラッキーだと思います。

それではいってみましょう!

 

その前に結論を書いておきますと、ミノタブで生えた髪をフィナステリドで維持することは全くできませんでした。僕は再度ミノタブを服用することで2度目の復活を遂げました。

それでは詳細です。

「ミノタブ」と「フィナステリド」の組み合わせは最強??

薄毛に悩む男性が最終的に行き着く手段として、ミノタブやフィナステリドなどのAGA治療薬という方が多いのではないでしょうか?

ミノタブは発毛を促す「攻めのAGA治療薬」として、フィナステリドは抜け毛を防ぐ「守りのAGA治療薬」と認識されています。

とすれば、フィナステリドで抜け毛を止めて、ミノタブで発毛させれば、最強ですよね。

実際に、ネット上の掲示板の意見や、輸入代行サイト「オオサカ堂」のミノタブ+フィナロイドのセット販売ページのレビューを見ると次の肯定的な意見があります。

服用して一年経ったので報告します。
結論から言えば、効果は大満足。

100錠飲み終わり大変効果を感じました。
初期脱毛は特別増えたようには感じませんでした。
2か月目くらいから細い抜け毛がなくなり額の生え際に産毛が出てきました。
3か月目には頭頂部の元々の髪が太くなったせいか薄毛が目立たなくなりました。

明らかに効果はある。
初めはagaクリニックの薬を飲んでいたが、値段が厳しすぎたのでこちらに切り替え。
副作用もなく金額的にもオススメ!

これ、本物です。今6か月たちますが2cm近く伸びています。それも腰のあるしっかりした毛です。
毛が立ちすぎくらい上に向かって伸びています。
嘘みたいですが本当です。友達に会いますと植毛したの、とよく言われます。薬の効果は千差万別だと思いますが私にはぴったりでした。

生え際とつむじが薄くなり始めフィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠の利用を開始しました。
利用開始から約2ヶ月経過しましたが、明らかに効果出てきております。

初めて内服薬治療です。このセットを飲み始めて約20日。つむじ辺りに手応え有りです。確実に生えてきました。副作用は今のところありません。

使用して1年ほど経過しました。個人輸入のため副作用は気になりますが、髪は確実に生えます!これからも継続していきたいと思います。

出典元:フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠

 

これらの意見を読むと、非常に納得がいきます。

確かに現時点では最強の薄毛治療といっても過言ではありませんね。だけど、この意見がすべてではありません。

実は最強の組み合わせの効果に喜んでいる人ばかりではない

最強のはずの組み合わせなのですが、「効果がない」「効いていないような気がする」「少しずつ進行しているような・・・。」

という、効果を実感していない方も当然います。

3年ぐらい飲み続けていたのですが、効果を感じなかったので飲むのを止めていました。2ヶ月ほど経った頃から抜け毛が尋常じゃないくらい増えたため、再開しました。が、状況は良くなりません。

フィンペシアからフィナロイドに替えて3ヵ月以上になりましたが、まだ効果は感じていません。替えた時から感じてた増えた抜け毛の量も継続中な感じです。

自分の場合効果は微妙です。夜はお酒を飲むので毎日1回昼前に飲んでいます。

使っては見たものの劇的な変化は無いとしか言いようが無いのが現状。

フィンペシアからこちらに変えて約六か月になりました。最近、血液検査をしましたが肝機能など異常はありませんでした。髪の毛はどうしても全回復しておりません。やはり服用するのが遅れると厳しいみたいですね。

現時点で100%発毛する方法なんてありません。自分に何が効果的なのかを知り、薄毛改善の確率を高めていくことが大切です。

【僕の場合】フィナステリドが効いていなかったことに後から気づいた

実は僕も「ミノタブ+フィナステリド」を試しています。ミノタブ単独もありますし、フィナステリド単独もあります。

僕の場合、AGAスキンクリニックにて、「リバース」というオリジナルなAGA治療薬を飲んだのが「ミノタブ+フィナステリド」を服用した最初でした。

リバースには、当時、リバースAとBの治療薬のセットで、内容は「ミノキシジルとフィナステリド」の2種類の摂取でした。その他に、外用薬やビタミン剤等の提示を受けましたが、取り組んだことは2種類の治療薬のみです。

ミノタブを止めてフィナステリドのみにしたところ徐々に抜けていく

リバースを服用した結果、見事に7割ぐらい髪が回復して、自分的にもかなり満足しました。その後、経済負担の関係からオオサカ堂での個人輸入により、ミノタブのみに切り替えて数ヶ月間服用した後、効果が頭打ちになりました。

その後、ミノタブをやめてフィンペシア、フィナロイドとフィナステリドを主成分とするAGA治療薬を連続で試しましたがまったく効果がなく、徐々に抜けていきました。

最終的に、一度は復活を遂げた頭がここまで廃れてしましました。

通常、フィナロイドやプロペシアの有効成分であるフィナステリドの効果について、プロペシアの添付説明書では、6ヶ月経っても進行遅延などの効果が確認できない場合は、服用を中止してくださいとあります。

出典:プロペシア錠添付説明書より

僕にとっては、フィナロイドは何の効果も実感できなかったんですよね。そしてフィンペシアも。

結局「ミノタブ」と「フィナロイド」を併用して分かったことは、フィナロイドは抜け毛を防止することもなかったってことです。ミノタブのみで髪を増やすことができ、ミノタブのみで、増えた毛量をある程度の期間維持できたってことが分かりました。

自分に何が効果的かを知ることも大切

ただ、先述した「肯定的な意見」で挙げたように、「ミノタブ+フィナステリド」が最強に値する効果を感じている方もいます。

POINTこの効果を感じている割合がどのくらいかはわかりませんが、AGAの症状がより強く、テストステロンと5αリラクターゼが結びつきやすい体質の方ほど、「ミノタブ+フィナステリド」は効果的に働くのかと思います。

正直、あなたに「ミノタブ」と「フィナステリド」の両方が効くのか、片方しか聞かないのか、それとも両方とも効かないのかはわかりませんが、僕に似た体質であれば、少なくとも「ミノタブ」でかなりの効果が見込めると考えています。

こちらの記事で「ミノタブ」がドンピシャハマる体質かどうかを確認してみてください。

ミノタブの発毛メカニズムがドンピシャにハマって効果が出るのはこんな人

逆に、「フィナステリド」の効果を実感できるかは怪しいところです。

ミノタブが効果的に働く人っていうのは、とにかく血流が悪い人です。見た目では明らかに疲れていてエネルギーがなさそうな人がそうですよね。僕もそんな感じですから。

さらに襲ってくる副作用の恐怖

もし、「ミノタブ+フィナステリド」で効果を実感できるとしても、僕はこの組み合わせの服用を絶対におススメしません。それは僕自身が「ミノタブ+フィナロイド」を試している時に直面した副作用の経験からです。

 

僕は、「ミノタブ+フィナロイド」を服用しているときに、顕著に性欲減退が見られました。勃つモノもなかなか勃たなくなりました。

ミノタブとフィナステリドどちらにも副作用があるのに、併用するのは正直リスクが高すぎるのです。

僕はこの先、フィナステリドには絶対に手を出すことはありません。性欲が減退するのが本当に恐怖だったので。

ミノタブの効果を伸ばす作戦がベスト【フィナステリドが効かない人へ】

もし、僕と同じような体質でミノタブは効いたけど、フィナステリドの効果は望めそうにない方におススメの方法があります。

これは実際に僕が現在やっていて効果をモロに感じているので、僕と同じような体質なら効果は高いと思います。再度、僕の体質に近いかどうかチェックしてみてください。

ミノタブの発毛メカニズムがドンピシャにハマって効果が出るのはこんな人

ステップ1 ミノタブのみで発毛/現状維持

まず、薄毛改善のファーストチョイスはミノタブです、ミノタブを1年ほど使用します。できれば

ミノタブの劇的な効果があるのは、最初の1年以内です。それからは現状維持が続きます。

これがステップ1です。

ステップ2 ミノタブの効きが弱いところに塗りミノ投下

続いてのステップは塗りミノの使用です。ミノタブは劇的な効果が見込めますが、薄毛暦の長い人ほど、ミノタブが回復する上限が下がってきます。

どういうことかというと、薄毛が進行して1年の人と10年の人では、ミノタブを使っての回復度合いが、前者が100%まで回復しても、後者はせいぜい70%の回復だということです。

そして、この70%のところにさらに奮起を促すのが、塗りミノです。

ミノタブも塗りミノもどちらも同じミノキシジルの効果ですが、僕の経験上、塗りミノは頭頂部に効きやすいです。

なので、ミノタブでの回復上限を引き上げることができる可能性があります。

ステップ3 ミノタブと塗りミノ+3アプローチ

ステップ2まで僕がどういうアプローチをしているかというと、血流を促進させることに全力を注いでいるのです。

その血流を促進させるにに、ステップ2までは、ミノキシジルという、いわば薬の効果によって行いました。ステップ3では、薬の力に加えて、自然な方法で血流を改善します。

血流が改善すれば、頭皮に必要な酸素や栄養素が行き渡り、髪が復活してきます。ミノキシジルという薬とは別の自然な方法での血流改善は、たった4つのアプローチで可能になります。

この方法は、僕自身、ストレスが薄毛を加速させていると感じたときに、取り組み始めた方法で、とても効果があります。それが次の3つです。

こちらの記事でその3つのアプローチを書いてますので、是非実践してみてください。

ストレスが原因の薄毛を3つのアプローチで改善する

ちなみに、お金は一切かかりませんし、時間もほとんどかからず、効果をすぐに実感できるおススメの方法です。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です