薄毛が気になり始めたら真っ先に何をすべきか?過去の自分に教えてあげる

僕が自分の髪が薄くなっていることに気づいたのは、25歳のころで知人からの指摘でした。それまで全く気づかなかったのは、僕の薄毛が頭頂部から来ていたからです。

その指摘を受けてから、数日のショックを経て、僕は薄毛の改善に取り掛かろうと決意しました。しかし、今考えてみると、僕の決意は完全に間違っていました。

というのも、僕は薄毛を自分の力で改善しようと考えていたからです。

これまで様々なAGA治療を試みてきた僕が、もし25歳の頃の自分にアドバイスが出来るとすればこう言います。

まずは、お金も持たなくていいから、最寄りのAGAクリニックへ行け!と。(どのAGAクリニックでも無料カウンセリングが受けられます)

間違った薄毛治療は回復を遅らせる

僕は自分なりに薄毛治療に取り組み始めてから、最終的に「髪が生えてきた」という成果を実感できた治療に出会うまで、実に14年の歳月を費やしました。

今振り返ってみて、本当にバカでどうしようもない誤った判断ばかりしてきたことをめちゃくちゃ後悔しています。25歳から39歳までなので、「人生の本当に大切な時期」を無駄にしてしまいました。

もし、僕が薄毛に気づいた25歳で、適切な治療に気づいていたら、この14年はもっと素晴らしいものになっていたことでしょう。僕がこの14年に失ったと感じたことは、「人との繋がり」「自分の夢/目標」「安心できる日常」の3つです。

人との繋がりが失われ消極的な性格に

薄毛になると、人に出会うことが嫌になります。わかり易いのが、同窓会など長く会っていない友人と出会う場合。おかげで僕は10年以上、同窓会には顔を出していません。

最初のうちは、急な仕事も入ったと嘘の連絡を入れて断っていましたが、さすがに何年もそれはできないので、返信すらしなくなり、言わば音信普通の状態になりました。なので、友人との関係性も壊れてしまいました。

また、普通に外に出るのも嫌になりますし、初めは帽子をかぶっていましたが、それでも人と出会う時には帽子を取る場面もある訳で、そうなると人に会うどころか、人とメッセージのやり取りをすることも(後々出会うことに繋がるのが嫌で)なくなりました。

薄毛でもそれをネタにしたり、気にせずパワフルな方もいますが、僕はどう頑張っても無理でした。

人と話する時には、相手の目線が自分の頭に行ってないか目で追っていたり、僕の背後に立った人が(僕の頭を見て)笑っていないか気になったり、人がいるところへ行くことほぼ無理になりました。

それが14年です。完全に人生の損失です。

何もやる気が起きず頑張れなくなった

また、人に出会うことがなくなるということは、何もやる必要がなくなります。

例えば僕は資格を取って仕事を頑張ろうと思っていたのですが、そもそも仕事で人に会うことが嫌になっているので、資格なんて必要ありません。資格を取って仕事に生かされたとしても、頭が気になり仕事どろこではないのです。

資格取得も、筋トレも、ファッションも、何もかも頑張っても意味がないと思い、この14年間ほとんど何もしてきませんでした。たまに頑張ろうかと、ふと思うときがあっても、いざ鏡で自分の頭を見ると、いろんなことを想像してしまい、頑張ろうという気持ちから、間逆の、「人生どうでもいいわ」という気持ちに毎回なっていましたね。

正直、よく生きていたなと思います。

とにかく毎日が辛く存在すること自体が辛い

薄毛でない人が羨ましすぎます。

薄毛の14年間は、朝起きた瞬間に「自分の頭が薄い、人に笑われる、人生最悪」と呪文のごとく、脳裏に浮かんできます。それが毎日続くわけです。

14年間のたった1日ですら、薄毛である自分の頭のことを完全に忘れることはなかったです。もし薄毛に悩んでいなかったなら、毎朝どんな気持ちだったんだろう。

ただ、安心できる一日を過ごしたかった。余命宣告されているような気持ちで14年を生きていました。人によっては大げさだと思うかもしれませんが、ほんとにそうなら安くない費用を払ってAGAクリニックには行かないですよ。

薄毛は自分でなんとかするモノではなく、その道のプロに任せるモノ

自分で薄毛改善を図って色々試して、莫大な時間とお金を掛けてきましたが、すべて無駄でした。もしかすると、自分で薄毛改善を図って成功している人もいるかもしれません。

しかし、これだけ情報がいとも簡単に手に入る時代でさえ、自分でなんとかしようとすることは、宝くじで1等を当てるようなモノだと思います。

しかし昔から、効果が最も高い薄毛治療の情報はありましたし、僕も知っていました。それがAGAクリニックでの治療なんです。

僕はAGAクリニックを知っていながらも、「まだ完全に薄毛と認めたくない」という僕のちっぽけすぎるプライドのせいで、すぐにできるはずの行動が14年間起こせませんでした。

薄毛治療は年々進化している

今、薄毛治療の技術は年々上がっています。例えば、僕が薄毛に悩みだした14年前はAGA治療のCMなんて一切流れてませんでした。また、AGA治療薬が国の認可を受けたのも、ここ数年の話です。

今のAGAクリニックにはAGA治療薬による治療のほかに、過去にはなかった、頭皮に不足している発毛成長因子を補完するメソセラピーと呼ばれる治療などもあります。

また、植毛でも、数年前は自分の髪ではない、人工毛などの植毛でしたが、今は自分の髪を移植する「自毛植毛」が主流です。植毛の技術自体も年々向上しており、植毛した毛の定着率も驚異的に高くなってきています。

地方に住んでいても治療はできる

僕がAGAクリニックに行こうと決心できたのは、AGAクリニックが近くにあったことが大きかったです。田舎に住んでい僕ですら、1時間ほどで行けるところにクリニックがありました。

しかも、大手で治療実績もあり安心できるクリニックです。少し前までは、良いクリニックは東京に集中していましたが、今は全国で同じレベルの治療を受けることができます。

薄毛を数ヶ月で改善できる環境は整っています。そしてそれはAGAクリニックへ行くことが最短の道です。それでもあなたは、自分で薄毛治療を行いますか。

薄毛が改善すれば何もない一日さえ幸せになる

改めて言いますが、今薄毛に悩んでいるなら、今すぐにお近くのAGAクリニックの無料カウンセリングを予約してください。そして適切な診断を受け、AGA治療薬の処方を受けてください。

それから数ヶ月後には、あなたの薄毛は改善に向かい、あなたの苦しかった状況から脱出することができます。

それは、何もない一日さえ幸せだと感じる日々です。是非、勇気を振り絞って、AGAクリニックに行ってみてください。

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です